医院紹介

contact_tel.pngメールでのお問い合わせ

院長紹介

プロフィール

山根 延仁(やまね のぶひと)

1998年 日本大学歯学部卒業
卒業後、同大歯学部補綴学教室総義歯補綴学講座を受講
東京都豊島区の歯科医院に勤務、約5年間院長を務める
2007年 やまねデンタルクリニック開院
2012年 やまねセンター歯科開院
2017年 アメリカ歯周病学会会員

ごあいさつ

板橋区の方の口の中を世界一きれいにしたい、という理想が私にはあります。今は予防歯科が日本の歯科医療に浸透していませんが、私は歯科医療がきっと変わっているであろう10年後を見据えて日々、診療しています。「先生、口うるさいわね」と思われる患者さんが中にはいらっしゃるかもしれません。ですが、患者さんの健康を考えての上だとどうかご理解いただければ幸いです。それほど、日ごろのケアが大切なのです。

勤務医時代から15年間、通い続けていただいている患者さんがいらっしゃいます。来院し始めの当初は大変、口の中が荒れていました。今は年に1回のメインテナンスで済み、お口の中はとてもきれいです。ある時その患者さんが言ってくれました。「やまねさんのおかげで自分の歯があります。通って良かった」と。こんな声を聞けることが私の最大の喜びです。
今後とも、やまね歯科センターをどうぞよろしくお願いいたします。

アクセス・医院情報

アクセス

医療法人社団 永福 やまねセンター歯科
〒173-0005
東京都板橋区仲宿59-14 メゾンドルフ小松屋1F
TEL: 03-3964-3411 FAX: 03-3964-3413

都営三田線 大手町・巣鴨方面から

都営三田線 板橋区役所前で降ります。

(1)A3出口に向かいます。
(2)改札を出たらまっすぐ進み改札前の階段を上り地上に出ます。
(3)階段を上ると通りの向かいに東京信用金庫があります。東京信用金庫を正面に右に進みます。
(4)すぐに横断歩道が出てくるのでわたります(高速道路の下です)。
(5)横断歩道を渡ったら進行方向右の道に入っていきます(地下鉄の入り口とミニストップの間の道です)。上にマクドナルドの看板が目印です。
(6)一つ目の角を左に曲がり商店街の中に入っていきます。ドコモショップが目印です。
(7)商店街の中を進んでいきます。150mほど進むと「よしや」というスーパーが右手に出てきます。さらに進みます。
(8)さらに30m程進みます。そうすると右手に「北京飯店」という飲食店が出てきます。その向かいが当院です。
(9)ピンクのテントが目印です。受付は奥ですのでお気軽にお入りください。

診療時間

 
9:30~13:30 ×
14:30~18:30 ×

※土曜日は9:30~14:00 / 15:00~17:30までとなります。
休診日:日曜日、祝日
※近くのやまねデンタルクリニック(板橋区仲宿55-8-103仲宿商店街スーパーライフ前、TEL:03-3964-6363)は、日曜も診療しています。

当院の院内設備をご紹介します

ゆったりとした待合室

皆さまに座っていただけるよう、大きなソファをご用意しております。「座り心地も良い」と患者さんから好評の声をいただいております。

保育士が常駐する託児室

当院の託児室には専任の保育士が常駐しています。お父さんお母さんが安心して治療が受けられるよう、しっかりとお子さんのお世話をさせていただいております。

清潔さに配慮した滅菌室

当院では患者さんの安全と安心を考えて滅菌室を備え、清潔な環境であるように努めています。タービンなどの治療器具は使用する度に専用の機器(DACユニバーサル)で消毒・滅菌しております。滅菌後には万全を期すために器具の一つひとつを真空パックして、治療の開始前に開封して使っています。

DACユニバーサルの導入

医療水準の高い欧米で使われている最新の滅菌器です。ドイツのシロナ社製で、高圧蒸気で器具の内部の隅々まで洗浄し、滅菌します。

口内の細菌が見える位相差顕微鏡

当院では位相差顕微鏡を使用して、むし歯菌や歯周病菌などの口の中の細菌を調べています。「位相差」とは光線の波長の違いを意味し、この位相差を変えることで細菌の種類や量がわかるのです。患者さんに口の中の菌を目で見てもらうことで、より歯を大切にしたいと思っていただきたいのです。

高度な機器を取り入れたレントゲン室

当院ではデジタルレントゲンを導入しております。デジタルレントゲンでは従来のものに比べて放射線被ばく量が低いため患者さんの負担が小さく、また画像が鮮明なため、よりわかりやすい資料を患者さんに提供できます。

落ち着きやすい全個室の診療台

当院では全ての診療台が個室になっております。人に見られることを気にせず、リラックスしながら診療を受けてもらいたいとの思いから、このようなつくりにいたしました。

衛生面にも配慮した、補綴(ほてつ)物製作のための技工室

当院では技工室を完備し、仮歯を製作したり、金属などの詰め物の大きさや形を調整したりする際に利用しています。技工室を設けることで金属などを削った際に出る粉じんが診療室に浮遊することを防げるため、衛生的にも効果的です。