スタッフブログ

contact_tel.pngメールでのお問い合わせ

2021.02.28更新

皆さんこんにちは!

明日から3月。もう卒業の季節ですね。

新型コロナウイルスとの戦いももう1年が経ちました。

 

当院では感染対策として入り口に綿棒を設置し、

そちらを使いドアの開閉をお願いしておりましたが

この度消毒液に変更致しました!

消毒液

 

 

今まで綿棒の使用にご協力いただきありがとうございました!

綿棒

 

 

今後は消毒を行ってからドアボタンを押し、退室の際は受付で消毒をお願い致します。

 

まだまだ収束しそうにありませんが、今後も工夫をし

皆さんに安心して通院していただけるよう、感染対策を続けてまいります。

投稿者: やまねセンター歯科

2021.02.25更新

皆さんこんにちは!

最近は暖かい日も続き、少しずつ春の訪れを感じますねflower2

 

当院は定期メインテナンスを通して

皆さんが80歳になっても自分の歯でいてもらえるよう診療にあたっています。

 

同じように院内も3ヶ月に一度メインテナンスを行っています。

床がピカピカになり、天井からの明かりが反射して

とても綺麗ですglitter2

床

 

日々の清掃に加えて定期メインテナンスを行うことで

みなさんに長く愛していただける院内環境を整えています。

...これは毎日の歯磨きにも言えることですね!

 

これからも衛生面を綺麗に保ち皆さんをお待ちしております。

 

投稿者: やまねセンター歯科

2020.12.28更新

皆さんこんにちは!

気づけばもう2020年も終わりのカウントダウンが始まりましたね。

今年も早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。

 

患者さんをはじめ、材料等でお世話になっている企業さんや施設の方々には

ひとかたならぬご愛顧を賜りましたこと、深くお礼を申し上げます。

 

2020年も皆さんの健康に貢献できるよう、スタッフ一同、力を合わせて頑張ってまいります。

 

来年もどうぞよろしくお願い致します。

皆様にとって2021年も素晴らしい年でありますように。

 


―年末年始 診療日のご案内―

2020年12月30日(水)~2021年1月5日(火)

上記の期間お休みとさせて頂きます。


期間中はご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い致します。
2021年1月6日(水)より通常通り診療致します。 

 

 

投稿者: やまねセンター歯科

2020.12.14更新

皆さんこんにちは!

12月に入り、いよいよ今年も終わりを迎えようとしていますね。

皆さんと「良いお年を」と言葉を交わすと、

今年も皆様と笑顔でお会いできたことを嬉しくホッとする想いです。

 

さて、毎年の院長の恒例行事でもある小石川中学校での講演会ですが、
今年もお声をかけていただき、中学1年生に向けて熱いお話をして参りました。
今年はコロナウイルスで様々な行事を自粛する事態となり、
中学1年生の彼らにとっては、入学後初めての行事といっても過言ではないものだったそうです。

テーマは

「働くこと」について

「働くこと」って何だろうと考えた時に「人を喜ばせること」これに尽きると思います。

それは我々大人だけでなく誰でもできることで、
街であった人に挨拶をする、友人を助ける、家族のお手伝いをするなどとても身近なことです。
働くと考えると学生の時からはすごく世界が変わるように感じますが、
とてもシンプルで今からできることなのだとお話をしていました。

そして何事も「一生懸命にやること」
一生懸命にやっていると大人になった時様々な困難から助けてくれる人が必ず現れます。
一生懸命にやり続けていれば必ず夢は叶います。

寺子屋文京

 

話を聞いた子たちがいつか大人になった時に今日の言葉が片隅にでも残っていたら嬉しいです。
皆さんが大人になった未来を楽しみにしています!!!!

このような機会を頂けて、小石川中学校の先生方、東京青年会議所の皆様に感謝いたします。

2020寺子屋

 

 

※写真掲載は許可をいただいております

 

 

投稿者: やまねセンター歯科

2020.11.28更新

皆さんこんにちは!

日に日に寒さが増してきましたが、手洗いうがい歯磨きはしていますか?

今年も残すところあと1ヶ月。風邪をひかないよう2020年あと少し頑張りましょう!!

 

当院では開院当初から訪問診療を行っています。

主に施設やご自宅での口腔ケア、嚥下機能訓練など、専門の先生が入り診療をしています。

 

先日当院でメインテナンス通院をされていた方から連絡をいただきました。

怪我から脚を悪くしてしまい、一時中断をしていましたが、今後は訪問でお願いをしたいと。

ご高齢ではありますが、定期的にメインテナンスをしホームケアもされていたため、

歯がしっかり残っており、そのため意識もはっきりされています。

 

訪問診療

※この写真はイメージです。今回の内容と一切関係ございません。

 

私たちは小さいお子さんから幅広い世代の方をメインテナンスで拝見しています。

長い方では15年以上のお付き合いがあります。

長期で診ていくと人生にも様々なことがあり、今回の方のように

通院が困難になりメインテナンスができなくなることを見据え

訪問診療を取り入れております。

 

通えないからもうメインテナンスはおしまいではなく、

その先も一緒に寄り添える環境を今後もつくっていきたいと思います。

 

 

 

 

投稿者: やまねセンター歯科

2020.09.02更新

こんにちは!

先日はる歯科クリニックさんに見学に行きました。

とても勉強になり良い刺激になりました!

あちがとうございました!

 

はる

投稿者: やまねセンター歯科

2020.08.18更新

皆さん、こんにちは!

先週は1週間お休みをいただきありがとうございました。

 

今年は旅行や帰省の自粛を呼び掛けられた異例の夏休みでしたが、

皆さんは自宅でどんな楽しみ方を見つけましたか?

 

当院は夏休み明け、とても嬉しい出来事がありました!

なんと、当院に定期メインテナンスで通っている小学2年生のお子さんが

「虫歯にならないためにはどうしたらいい??」

を自由研究のテーマにしてくれました!

表紙

 

 

歯が弱い

内容も素晴らしく、よく理解しているな〜と私たちでも感心してしまうほど!!

全てのページを載せたいところですが、盛りだくさんになってしまうので

一部皆さんにもご紹介いたします!(※親御さん、本人に許可得ております)

歯が弱い

抜けた

集合

 

お子さんたちが歯に関心を持ち、知識がつくことで

大きくなっても生涯自分の歯でいてもらえたら尚嬉しいことですね!

私たちはその手助けができるように、これからも頑張っていきたいと思います!

 

 

 

 

投稿者: やまねセンター歯科

2020.07.10更新

皆さん、こんにちは。

歯科衛生士の峯岸亜依です。
自粛期間が明け少しずつ元の生活に戻ってきているかと思いますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

私は先日母校である歯科衛生専門学校の1年生約80人に、授業の一環として【歯科衛生士の役割】と言うテーマで講義をしてきました。

コロナウイルスの感染防止のため、私自身初めてリモートでの講義をしました。

リモート

医院の紹介と、歯科衛生士はただのクリーニングをするお姉さんではなく、生涯歯を残すことで患者さんの人生を変える事ができる素敵な仕事であることを伝えました。

私も後輩の1年生に講義をすることで、改めて歯科衛生士という職業の素晴らしさを実感しました。

今回の講義を聞いた学生が卒業後、同じ歯科衛生士として共に学べることを楽しみにしています。

歯科衛生士専門学校

投稿者: やまねセンター歯科

2020.07.03更新

皆さんこんにちは!

やまねセンター歯科です。

 

夏本番まであと少し、

マスクがこもって暑い今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?

熱中症予防で水分補給もしっかり行っていきましょうね。

 

さて、今回は素敵な贈り物を頂きましたので、皆さんにご紹介したいと思います!

 

イラスト

こちらはメインテナンスに通院されている中学生のお子さんが描いてくださいました!

山根先生そっくり!!嬉しくて額縁に入れて飾ってます ^ ^

 

ひまわり

そしてこちらは愛媛からメインテナンスで通われている方からの頂き物です。

素敵なひまわり、夏の訪れを感じますね。

 

皆さん、コロナに負けず東京VICTORY目指して

今夏も突っ走っていきましょう!

投稿者: やまねセンター歯科

2020.03.09更新

皆さんこんにちは!
近頃は新型コロナウイルスのニュースでもちきりですが、皆さんご体調はいかがでしょうか。
当院では感染予防対策として、受付や診療室にて消毒液を設置し消毒を推奨しております。また、感染予防のためにスタッフがマスクを着用させていただいています。どうぞご理解ください。

 

さて、本日は当院の小児歯科担当、伊賀上先生が阿佐ヶ谷の医院さんにて小児歯科の大切さを講演して参りました。

小児講演

 

お子さんは体と心の成長と共に口の中もダイナミックに変化していきます。

皆さんもお子さんの仕上げ磨きをしていて、新たに生えてくる歯や、グラグラする歯に戸惑った経験があると思います。また、自我が芽生え、なかなか口を開けてくれなかったり、年齢による心の変化にも苦労する方もいらっしゃると思います。

 

私たちはより専門家とし、今後おこる変化や年齢によって高くなるリスク部位をお伝えし、少しでも事前に予知できるように向き合っています。また、ご自宅での役割と私たちがサポートする役割とをうまく分け、共にお子さんの口腔の健康を守りたいと考えています。あくまでもお子さんが主役であり、本人が主体性を持って取り組んでもらえるような声かけなど、伊賀上先生は日々工夫なさってお子さんたちに向き合ってくださっています。

伊賀上先生の小児熱に、皆さんも熱心にメモをとってくださり質問もあったりと、先生にとってもとても貴重な時間となりました。

小児歯科

今後もお子さんたちの健康に寄与して参ります!!

投稿者: やまねセンター歯科

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY