スタッフブログ

contact_tel.pngメールでのお問い合わせ

2017.10.20更新

みなさんこんにちは!

受付の安田です。

 

雨続きで寒い日が続いていますが、

いかがお過ごしでしょうか?

 

今年は冬の訪れが早そうですよね。

板橋区でも、もう風邪やインフルエンザの流行が始まっているようです。

  

感染すると急な高熱や関節痛に襲われるインフルエンザ、

できることなら避けたいですよね。

実はインフルエンザの予防に関して、

歯科から一つご提案できることがあるんです!

 

 

インフルエンザ

 

こちらは、先日から医院に掲示しているポスターです。

タイトルは

「当院の目標は板橋区民のインフルエンザ罹患率を減らすことです」

 

実はインフルエンザを始めとする感染症の予防には、

口腔ケアが有効なのです。

 

今年の冬はホームケアと定期メインテナンスで

元気に乗り切りましょう!

皆さんのご来院お待ちしております。

投稿者: やまねセンター歯科

2017.10.18更新

みなさんこんにちは!

受付の安田です。

 

先月9月28日(木)、

幼稚園の保護者の方へ、

当院の山根が歯科の講演をしてまいりました。

タイトルは題して、

「正しい情報と賢い選択」!

 

幼稚園

 

なんと約90名の方が参加してくださったそうです。

自ら手を挙げて質問をしたり、メモを取ったりと、

積極的に参加をされている姿が印象的でした。

 

お子さんを虫歯にさせたくないという思いは、

すべての親御さん共通の願いなのではないでしょうか?

 

私たちは、

”患者さんの歯の寿命と命の寿命を逆転させること”

言い換えると、「生涯自分の歯で健康でいられるようにすること」

を目標として日々診療にあたっています。

 

そんな医療を実現するには、

子どもの頃からのメインテナンス習慣とセルフコントロールが重要であり、

そのためには保護者の方の協力が必要不可欠です。

そして、お父さん・お母さんの価値観、習慣は、

必ずお子さんに影響を及ぼします。

 

あるお母様から、このようなご感想をいただきました。

 

「初めて知ることが多くて、大変ためになる講演会でした。

まずは親が歯の健康に努めるということを心がけて、

子どもの歯を大切にしていけるようにしたいと思います。」

 

私たちは診療を通じて、

患者さんがご自身の力で健康でいる姿をイメージできるように、

全力でサポートしてまいります。

 

お子さんのお口の健康を守るため、お子さん自身のご受診はもちろん、

ご家族でのご来院を心よりお待ちしております。

 

合言葉は、Keep 28!

投稿者: やまねセンター歯科

2017.10.05更新

こんにちは!歯科衛生士の楠です。

 

みなさんは日本で一番キレイな場所はどこだと思いますか?

私がまず頭に浮かんだのは、ホテルや空港でした。

実際に日本で取られたアンケートでも、第一位はホテルだったそうです。

日本のおもてなし精神は素晴らしいですよね。

 

ところがアメリカで一番キレイだと思われているところは、

“病院”なのだそうです。

清潔というのはホスピタリティの一つであり、

また、感染などの観点からも、 医療機関は圧倒的にキレイでなければなりません。

 

私たちは、このやまねセンター歯科を板橋区で一番キレイな場所にしたいと思っています。

 

ホテル業界はじめ、食品製造業界・外飲食業界では、

清潔維持のキーワードとして “クレンリネス(予防清掃)”という概念を掲げているそうです。

この予防清掃の考えに基づき、私たちも日々医院の至るところを、

汚れる前からの清掃でキレイな状態を維持し、常に清潔であるよう努めております。

 

クレンリネス

 

 

予防清掃は歯科のメインテナンスの考え方にも通じます。

お口の中をキレイで健康な状態に維持していくためには、 何かあってからの対応をするのではなく、

何もないからこその普段のホームケアとメインテナンスの習慣が大切なのですね。

 

口腔内の健康維持の主役は、患者さんご自身です!

お口の中がキレイで健康であり続けられるよう、

私たち歯科衛生士は全力でサポートをさせていただきます。

 

日頃のホームケアでのお悩み、ご相談などございましたら、 お気軽におっしゃってくださいね。

投稿者: やまねセンター歯科

2017.10.05更新

爽やかな秋晴れが続いていますが、

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

先日、当院の山根が ボストンで行われた

米国歯周病学会に参加してきました。

ボストン大学、タフツ大学、フォーサイス研究所を訪ね、

世界の歯科医療について仲間と共に学んだ2週間でした。

 

ボストン大学では山根の級友である菊地先生が教鞭を執っておられ、

とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

 ボストン1

 

現在世界の流れでは、やはり健康が重要視されていることを実感します。

感染を克服した次には、

“炎症”のコントロールが最重要テーマになっていました。

口腔内に関しては元より、広い視野を持ち

人類の健康について学び追求していくことが重要であると感じます。

 

ボストンは全米で1、2を争う学生の街です。

地理・歴史的関係で街もヨーロッパ風で過ごしやすいところでした。

なんとあのJFKの生まれ故郷なのだそうですね。

 

ボストン2

 

今行われているワールドシリーズで

ボストンのレッドソックスが世界一になるよう、 応援よろしくお願いします^^

 

レッドソックス

投稿者: やまねセンター歯科